結婚式で振袖

私は結婚式などで着物で正装するのが好きです。今は結婚していて振袖は着ることができませんが、独身時代は友人や親せきの結婚式では必ず振袖を着ていました。
私は成人式のときに自分用の着物を1着も作っていないので、振袖を着るときは母のものを借りたり、レンタルをしていました。母の持っている着物は朱色に色とりどりの色を使って模様が描いてあるものです。

結構派手で、緑や金色が目立ちます。帯も凝っていて着物と一緒に作っているので、とてもよく着物に合います。今見てもとてもオシャレなので当時この着物を作った人はかなりセンスがあると思います。
赤い振袖なのでやはり20代後半になると着るのがどうしても躊躇してしまいました。そこで20代後半になったら落ちついた色味の振袖をネットでレンタルしていました。

赤をずっと着ていたので、緑や深い青色など寒色系の色をよく選んでいました。
着物では淡い白を結婚式で着てもドレスほどタブーではありませんが、それでも白系と親族の正装の色である黒は避けるようにしていました。

私は結婚式で振袖を着るときは、事前に花嫁に確認するようにしています。

花嫁も大振袖を式で着る可能性があるからです。結婚式の主役は花嫁です。花嫁が着る振袖の色と絶対にかぶってはいけないと思います。

幸いこれまで結婚式で大振袖を着たという友人はいませんが、最低限のマナーとして事前にしっかり確認しておくのは大切だと思います。

親族の結婚式では姉と一緒にレンタルショップに行って振袖を選んだりしたのも良い思い出です。