振袖は将来袖を着ることを考えて買うべき?

成人式の振袖を買う時、親から「将来袖を着られるようなものを選びなさい」と言われて、デザインが自由に選べなかった経験があります。たしかに、結婚してから着るには、長い袖のままではいられませんし、長く着るためにも親が言ってることもわかります。

でも、実際に振袖を袖を切って長く愛用している人っているんでしょうか。周りにはあまり聞いたことがないんですよね。みんな、結婚してからの着物姿は本当に地味、というか専用に購入したもののような気がします。

振袖ってただ飾ってあるだけでもキレイで、その様子を見てこれがいいって決めたいのに、将来のことまで考えて選ぶとなると、限定されてしまって嫌なんですよね。

でも、有名デザイナーのみなさんにも、こうした需要があるということを踏まえてデザインしてもらえれば、もっと振袖自体の購入率も上がるのかな、とも思います。

成人式の振袖って、買わなくても、レンタルで済ませることもできますからね。今は自宅に着物用のタンスがある家ばかりとも限らないし、お手軽にレンタルを利用する人が増える事情もわかります。

でも、この人の振袖で、しかも袖を切って一生使えるとなったら親世代の需要も取り入れることができるのではないかと思うんです。成人式に一度だけ着て、そのままタンスの中で眠らせるよりも、楽しみながら長く着られるようなデザインがもっと出てきてほしいものです。

私の振袖も、やっぱり将来袖を切って使うつもりですけど、せっかくのキレイな着物を宝の持ち腐れにしないぞ、と心に誓っています。

総絞り柄の振袖、最初は好きではありませんでした。

“実は私が自分の成人式で着た振袖、好きではありませんでした。

一番の理由は「太って見える」からです。

私の成人式の時の年、流行の振袖は「絞り柄」でした。
それも結構全身がしぼりという「総絞り柄」が多かったのです。
しぼりってフワフワしていて、着ていてもシルエットが一回り大きくなってしまいます。

元々着物は、そんなに痩せて見える装いではありません。
ましてや振袖は、帯も袋帯で大きいし、帯結びも膨らませる「福良雀」とか「文庫」「立て矢」とボリュームのある形が殆ど。
帯揚げも帯の上に乗せて、スッキリさせる所なんてどこにもありません。

自分が着る成人式の振袖は、普通の振袖が良いと思っていたのですが、いざ呉服屋さんに行くと「今年の流行」という事で店内あちこちに絞り柄の振袖が並んでいました。
私は普通の振袖コーナーに行くのですが、母と祖母は店員さんお薦めの絞りのコーナーから動きません。

「やっぱり絞り柄は豪華ね」「成人式の振袖はケチっても仕方無いから・・・」私の意見そっちのけで2人で話しています。
最終的にはスポンサーである2人が、私の振袖を決めてしまったのです。

成人式は自分の好みとは別に、その総絞り柄の振袖を着て参加しました。

ところが、社会人になった頃から私も痩せはじめてきたのです。
そうすると不思議に好きでなかった「総絞りの振袖」が好きになりました。
自分が痩せた事で、絞り柄も似合ってきたのです。

成人式に着るだけと思っていた振袖ですが、友達や従兄弟の結婚式に随分と着て行ったと思います。
総絞り柄の振袖は豪華なので、主催者からも喜んでいただけて、嬉しかったですね。